女性

快方へと向かう|デリケートな悩みや不安は美容整形クリニックへ

医療脱毛の存在

看護師

医療脱毛として横浜や全国の美容整形クリニックで行なわれる施術はレーザーを用いたものがほとんどです。レーザーは効果が高いというイメージがある一方で「痛み」を伴いそうだということから敬遠してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、そんなことはありません。横浜や全国の美容整形クリニックで実施するレーザー脱毛は安全性が非常に高いものになっているのです。その理由は、この脱毛が医療として行なわれるためです。医療のノウハウを利用することにより、安心安全かつ高い効果を発揮する脱毛治療こそが医療レーザー脱毛と呼ばれるものなのです。
医療の現場においてレーザー治療は大活躍しています。眼科や皮膚科などでは特に欠かせない技術にまで発展しました。医療レーザー脱毛はその流れをくんでいるため、非常に安全なものになっています。波長が特定の色に反応するというレーザーの仕組みを利用し、毛の色に反応する波長を持つレーザーを照射するのです。そうするとレーザーの熱は毛に吸収され、結果的に毛根が破壊されるのです。この特定の色に反応するという特徴から、周囲の皮膚を傷つけないようになっているというのが医療レーザー脱毛の強みの一つを形作っています。
では、医療レーザー脱毛の種類を見ていきましょう。横浜や全国の美容整形クリニックで行なわれる医療レーザー脱毛は、大きく六つの種類に分けられます。まずはダイオードレーザーと呼ばれるものを紹介します。このレーザーは、照射範囲の広さに特徴があります。他のレーザーと比較してもその範囲は広く、短時間での治療を可能としています。
続いて、アレキサンドライトレーザーと呼ばれるものがあります。冷却という方法を用いていることに特徴があり、皮膚に感じる痛みをさらに軽減できます。また、ロングパルスヤグレーザーというレーザーにも注目です。このレーザーは特にヒゲの濃さに悩む男性に対して効果的です。波長の長さを武器に深い部分まで届くというのがこのレーザーの特徴なのです。
日焼けした肌に対して有効なレーザーもあります。それはYAGレーザーというものです。レーザーの中にはメラニンに反応してしまうものもあるため、日焼けの肌に対しては使えないこととなります。その難点をカバーしたのがこのYAGレーザーであり、色黒の肌に対しても問題なく治療を施せます。また、G-MAXというレーザーも同様に日焼けを問題としません。このレーザーは根の深い毛に対しても高い効果を発揮します。
また、痛みを極限まで抑えたレーザーも存在します。通常、レーザー治療は痛みが少なくなっているとはいえ、どうしても痛みが発生する場合もあるのです。そんな時に用いたいのがライトシェア・デュエットと呼ばれるレーザーです。このレーザーであれば痛みをほとんど感じずに治療を行なうことができるでしょう。
これらのうちどのレーザーがご自身の悩みを解決するに相応しいかは、判断が難しい部分でしょう。そんな時は横浜や全国の美容整形クリニックへ問い合わせてみましょう。担当医と相談することで、よりご自身に合った治療方法が選択できることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加